■東南アジアの物価や過ごし方

日系企業が多く進出している国としては、タイ、シンガポール、香港、マレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾とあるが、それぞれの国では人種も宗教も違う。勿論生活習慣も違えば物価も違う。

香港、シンガポールは日本と同じかそれ以上に物価が高い地域として有名。月収30万円ではかなり厳しい生活となるので就職の際には気をつけるようにして欲しい。海外勤務となると手当も出るがこの2国に関しては住宅事情が厳しく家賃10万円以上は見ておく必要がある。(もちろんシャワー・トイレ共用の場合は別)

コレ以外の国は比較的物価が安く日本人としてはかんり過ごしやすい。一度移住してしまうお日本に戻ってくるのが嫌になるという人もいるほどで、かなり豪華な生活ができる。メイドさんを雇ったり(メイドさんとは言わないか・・・家政婦)、プール付きのいわゆる一軒家で優雅な生活も可能。家族で移住してもOKで奥さんは喜んでくれるかもしれない。子供の教育も十分可能なのも魅力的だ。