■アジアでのお仕事が増加中

中国・シンガポール・台湾・フィリピン・マレーシア・タイ・香港などの主に東南アジア地域での近代化が目覚しく現地の法人も急成長、また日本企業もアジアへの進出を加速させており、そこで働く日本人も高収入・高待遇となっている。物価が安い地域も多く貯金もたまり安定した生活も魅力のようだ。

そんなアジアでお仕事を探すならグローバル専門の「求人支援サイト」を活用すると大きなメリットが得られる。たとえばリクルートエージェントや、JAC Recruitといった企業が展開するサービスは無料で利用できるので、是非チェックしておくとよいだろう。ここではアジアでの仕事探しに便利なサイトを紹介したい。

■■■おすすめの求人支援サイト■■■

東南アジア勤務の求人を探そうと思っても求人サイト、転職サイトではなかなか見つからないケースがほとんど。なぜならグローバル専門でない事も要因として挙げられるが、海外求人は企業側があえて非公開に設定しているため、特別なルート経由でないと情報が開示されないことが理由。

そんなアジアのお仕事探しのお手伝いをしてくれるのが次のおすすめサービス。求人支援サイトを経由すると求人が開示される。全求人数に対して9割は非公開のケースが多く普通に探していたのではリーチできない。

◯リクルートエージェント
リクルート社はご存知だと思うがそのグローバル部門がこちら。約1万件におよぶ海外求人数は業界トップクラス。多方面の企業との提携があるおかげで入職しやすい仕組みが構築されているのも大きなメリット。エージェントと呼ばれる担当社員が希望に見合うアジアのお仕事求人を提案してもらえる。

特に商社系、IT・電子・電気・機械系・自動車・鉄鋼での求人が豊富。年収700~1000万円クラスの求人に注目。

エージェントの支援は求人提案だけではない。企業情報提供、効果的な履歴書職務経歴書の作成支援、企業別面接対策の伝授、面接の調整、給与交渉の代行などを支援してもらう事が可能。

本気でアジアのお仕事を探したいならまずココに無料の相談登録をしておく事がおすすめ。

 
◯JAC Recruitment
リクルートに次ぐ求人保有数。国内での認知度は低めだが日本以外のアジア諸国にも支店があり実績は豊富で確かな支援をしてもらえる。JAC Recruitmentの相談登録はこちら。

 

■■■アジア諸国への日系企業進出数■■■
日系企業のアジアへの進出が盛んだ。日中問題の影響もあって中国からの撤退を余儀なくされる企業も多くなったがリスクヘッジとしてや、他のアジア諸国へのアクセスが便利なマレーシア、シンガポールへの進出も目立っている。

シンガポールへは1500社、タイへは1800社、マレーシア1000社、インドネシア1100社、フィリピン1100社の日系企業が存在。アジアでお仕事を探すならこれらの地域が今後の企業の成長につながっていくだろう。特にシンガポールは国際競争力も常に上位で、外資系の誘致も積極的、就労ビザも取得しやすい。